名古屋医療センター
臨床研究事業部の3つの特色

特色①

豊富かつ高品質なデータマネジメント実績

当臨床研究センターのデータセンターでは数多くの臨床研究および疾患登録を管理しています。
これまでの豊富なデータマネジメントの経験に基づき、信頼性の高い臨床研究の品質管理を行っております。

管理施設数 690施設、964診療科
疾患登録のべ数 126,032件
臨床研究総数 72件
臨床研究登録症例総数 2,948件

2015年4月現在

CDISC標準対応

logo_cdisc

名古屋医療センターはCDISCのGoldメンバーです。

詳しくはこちら

特色②

独自開発の高機能EDCシステム”Ptosh”

複雑かつ長期にわたる治療法の有効性・安全性を評価する臨床研究にも対応可能な独自開発のEDCシステム“Ptosh”の活用により、低コスト・高品質な試験のセットアップ・運用・サポートを実現します。

  • CDISC標準データ形式の入出力に完全対応
  • 安全性情報迅速報告システムを搭載
  • 複雑なプロトコルデザインにもフレキシブルに対応
  • 患者情報の長期フォローアップ

詳しくはこちら

特色③

NHOの全国ネットワークによる支援体制

当臨床研究センターでは、多領域の医師を抱えるNHOのネットワーク力を基盤として、信頼される臨床研究支援体制を有しています。

多領域の臨床研究をサポート

国立病院機構が有する21領域のネットワークグループ内の専門家と連携し、広範な領域で専門性の高い臨床研究支援を実現します。

モニタリングハブシステム

国内6拠点に在籍しモニター教育された
上級者CRCが他施設のサイトモニタリング
を実施します。

詳しくはこちら