永井 宏和(ながい ひろかず)

 

所属

写真 永井 宏和

国立病院機構 名古屋医療センター
臨床研究センター長
臨床研究センター 臨床研究企画管理部長
臨床研究センター 臨床研究企画管理部 研究管理室長
臨床研究センター 血液・腫瘍研究部長
血液内科 医長

 

専門分野

血液・腫瘍学

 

連絡先

〒460-0001
名古屋市中区三の丸4-1-1
国立病院機構名古屋医療センター
臨床研究センター
血液・腫瘍研究部予防・治療研究室
電話:052-951-1111(代表)
FAX:052-951-0664
Eメール:hirokazu.nagai[at]nnh.go.jp([at]を@に変えたものがEメールです)

 

研究分野

臨床血液腫瘍学、血液腫瘍の分子病態解析

 

現在の研究テーマ

・悪性リンパ腫の病態解明
・悪性リンパ腫に対する治療法の開発
・エイズ関連悪性リンパ腫の包括的研究

 

資格・専門医等

・日本血液学会血液専門医・指導医
・日本内科学会認定医

 

略歴

昭和60年3月 金沢大学医学部卒業
昭和60年6月 国立名古屋病院、内科研修医
昭和63年4月 国立豊橋病院、内科医師
平成元年7月 都立駒込病院、化学療法部医師
平成2年4月 国立がんセンター研究所、ウイルス部リサーチレジデント
平成4年4月 名古屋大学第一内科、研究生、医員
平成5年6月 米国、Jefferson Cancer Institute, postdoctoral fellow
平成7年12月 名古屋大学第一内科、医員
平成13年4月 国立名古屋病院、血液内科医師
平成14年10月 国立名古屋病院・臨床研究センター・血液造血器疾患研究部長
平成16年4月 名古屋医療センター 臨床研究センター 血液腫瘍研究部長
平成27年4月 名古屋医療センター 臨床研究センター 臨床研究事業部(現臨床研究企画管理部)研究管理室長
平成31年4月 名古屋医療センター 臨床研究センター長
平成31年4月 名古屋医療センター 臨床研究センター 臨床研究企画管理部長

 

代表的な研究業績

  1. Nagai H, et al.
    Cladribine combined with rituximab (R-2-CdA) therapy is an effective salvage therapy in relapsed or refractory indolent B-cell non-Hodgkin lymphoma
    Eur J Haematol. 86:117-123, 2011
  2. Nagai H, et al
    Whole brain radiation alone produces favourable outcomes for AIDS-related primary central nervous system lymphoma in the HAART era.
    Eur J Haematol. 84:499-505, 2010
  3. Hagiwara K, Nagai H. et al.
    Aberrant DNA methylation of the p57KIP2 gene is a sensitive biomarker for detecting minimal residual disease in diffuse large B cell lymphoma
    Leukemia Res. 34: 50-54, 2010
  4. Terasawa T and Nagai H
    Current clinical evidence on interim FDG-PET for advanced-stage Hodgkin’s lymphomaand diffuse large B-cell lymphoma to predict treatment outcomes
    Leukemia Lymphoma. 50; 1750-1754, 2009
  5. Terasawa T, Nagai H et al.
    Fluorine-18-Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography for Interim Response Assessment of Advanced-Stage Hodgkin’s Lymphoma and DiffuseLarge B-cell Lymphoma: A Systematic Review
    J Clin Oncol. 27; 1906-1914, 2009
  6. Nagai H. et al.
    Remission induction therapy containing rituximab markedly improved the outcome of untreated mature B cell lymphoma
    British J Haematol. 143: 672-680, 2008
  7. Nagai H et al.
    Actual status of AIDS-related lymphoma management in Japan.
    Int J Hematol. 87: 442-443, 2008
  8. Terazawa T, Nagai H. et al.
    Fluorine-18-fluorodeoxyglucose positron emission tomography for post-therapy assessment of Hodgkin’s lymphoma and aggressive non-Hodgkin’s lymphpoma.
    J Nucl Med 49: 13-21, 2008