真田 昌(さなだ まさし)

 

所属

写真 真田 昌

国立病院機構 名古屋医療センター
臨床研究センター 高度診断研究部長
臨床研究センター 臨床研究事業部 生体試料管理室長

 

専門分野

血液・腫瘍学
分子遺伝学
腫瘍生物学

 

連絡先

〒460-0001
名古屋市中区三の丸4-1-1
国立病院機構名古屋医療センター
臨床研究センター 高度診断研究部
電話:052-951-1111(代表)
FAX:052-963-5503
Eメール: masashi.sanada[at]nnh.go.jp ([at]を@に変えたものがEメールです)

 

研究分野

網羅的遺伝子解析に基づく造血器腫瘍の分子病態の解明

 

現在の研究テーマ

・小児白血病における再発の分子病態の解明
・高齢者造血器腫瘍における老化と腫瘍化に関する研究
・遺伝子解析技術を応用した臨床検査技術の確立

 

学術賞

平成20年度日本白血病研究基金一般研究賞(日本血液学会推薦臨床医学研究賞)
平成22年度日本癌学会奨励賞
平成22年度日本血液学会奨励賞
平成24年度日本白血病研究基金清水賞

 

略歴

平成10年3月 昭和大学医学部卒業
平成10年4月 昭和大学藤が丘病院内科臨床研修医
平成12年8月 昭和大学藤が丘病院内科血液員外助手
平成15年5月 東京大学医学部附属病院無菌治療部客員研究員
平成19年4月 ヒューマンサイエンス振興財団リサーチレジデント
平成20年7月 東京大学医学部附属病院キャンサーボード「大規模ゲノミクスによる
      テーラーメードがん診療技術の開発」特任助教
平成25年4月 京都大学大学院医学研究科腫瘍生物学講座助教
平成26年10月 国立病院機構名古屋医療センター臨床研究センター高度診断研究部長
平成27年4月 同 臨床研究事業部生体情報解析室長併任
平成27年4月 昭和大学医学部客員教授
平成29年4月 名古屋医療センター 臨床研究センター 臨床研究事業部 生体試料管理室長

 

代表的な研究業績

  1. Suzuki H, et al. Mutational landscape and clonal architecture in grade II and III gliomas. Nat Genet. 2015 May;47(5):458-68.
  2. Sato Y, et al. Recurrent somatic mutations underlie corticotropin-independent Cushing’s syndrome. Science. 344(6186):917-20, 2014.
  3. Sakata-Yanagimoto M, et al. Somatic RHOA mutation in angioimmunoblastic T cell lymphoma. Nat Genet. 46(2):171-5,2014.
  4. Yoshida K, et al. The landscape of somatic mutations in Down syndrome-related myeloid disorders. Nat Genet. 45(11):1293-9, 2013.
  5. Kon A, et al. Recurrent mutations in multiple components of the cohesin complex in myeloid neoplasms.Nat Genet. 45(10):1232-7, 2013.
  6. Makishima H, et al. Somatic SETBP1 mutations in myeloid malignancies. Nat Genet. 45(8):942-6, 2013
  7. Sakaguchi H, et al. Exome sequencing identifies secondary mutations of SETBP1 and JAK3 in juvenile myelomonocytic leukemia.Nat Genet. 45(8):937-41, 2013.
  8. Sato Y, et al. Integrated molecular analysis of clear-cell renal cell carcinoma. Nat Genet. 45(8):860-7, 2013
  9. Yoshida K, Sanada M, et al.. Frequent pathway mutations of splicing machinery in myelodysplasia. Nature. 478(7367):64-9, 2011
  10. Sanada M, et al. Gain-of-function of mutated C-CBL tumour suppressor in myeloid neoplasms. Nature. 460:904-908, 2009.
  11. Kato M, Sanada M, et al. Frequent inactivation of A20 in B-cell lymphomas. Nature. 459:712-716, 2009.
  12. Chen Y, et al. Oncogenic mutations of ALK kinase in neuroblastoma. Nature. 455:971-974, 2008.
  13. Sanada M, et al. Unbalanced translocation der(1;7)(q10;p10) defines a unique clinicopathological subgroup of myeloid neoplasms. Leukemia. 21:992-997, 2007.
  14. Sanada M. Genetic alterations in AML. Rinsho Ketsueki. 54(10):1651-9, 2013.
  15. Sanada M, Ogawa S. Genome-wide analysis of myelodysplastic syndromes. Curr Pharm Des. 18(22):3163-9, 2012.
  16. Sanada M. Acquired uniparental disomy and c-CBL mutation in myelodysplastic syndromes. Rinsho Ketsueki. 52(6):342-9, 2011.