関水 匡大(せきみず まさひろ)

 

所属

写真 関水 匡大
国立病院機構 名古屋医療センター
臨床研究センター 臨床研究企画管理部 研究開発推進室長

専門分野

小児・AYA世代血液・腫瘍、臨床試験、薬事

連絡先

〒460-0001
名古屋市中区三の丸4-1-1
国立病院機構名古屋医療センター
臨床研究センター
電話:052-951-1111(代表)
Eメール: masahiro.sekimizu[at]nnh.go.jp ([at]を@に変えたものがEメールです)

研究分野

希少疾患の薬剤開発、AYA世代造血器腫瘍の治療開発

資格・専門医等

日本小児科学会専門医・指導医
日本血液学会専門医・指導医
小児血液・がん学会専門医

略歴

平成15年 千葉大学 医学部 医学科 卒業
平成15年 千葉大学医学部付属病院 小児科 医師
平成16年 成田赤十字病院 小児科 医師
平成18年 千葉大学医学部付属病院 小児科 医員
平成19年 名古屋医療センター 小児科 医師
平成25年 医薬品医療機器総合機構 新薬審査第五部 審査専門員
平成27年 名古屋医療センター 小児科 医師
平成27年 名古屋医療センター 臨床研究センター 臨床研究事業部 研究開発推進室員
平成30年 名古屋医療センター 臨床研究センター 臨床研究企画管理部 研究開発推進室長

代表的な研究業績

  1. Sekimizu M. Therapeutic approaches to hematological malignancies in adolescents and young adults. Rinsho Ketsueki. 2018;59(10):2273-2283.
  2. Sekimizu M et al. A Phase I/II Study of Crizotinib for Recurrent or Refractory Anaplastic Lymphoma Kinase-Positive Anaplastic Large Cell Lymphoma and a Phase I Study of Crizotinib for Recurrent or Refractory Neuroblastoma : Study Protocol for a Multicenter Single-arm Open-label Trial. Acta Med Okayama. 2018 Aug;72(4):431-436.
  3. Sekimizu M et al. Phase II Clinical Trial for Newly Diagnosed Children and Adolescents with Localized Lymphoblastic Lymphoma (Japanese Leukemia/Lymphoma Study Group Trial LLB-NHL03) :Study Protocol for Nationwide Multicenter Trial. Acta Med Okayama. 2018 Aug;72(4):427-430.
  4. Sekimizu M et al.Efficacy and safety of administering pediatric treatment to adolescent patients with mature B-cell non-Hodgkin lymphoma within the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group clinical trial. Pediatr Blood Cancer. 2018 Aug;65(8):e27068.
  5. Sekimizu M et al. Phase I clinical study of brentuximab vedotin (SGN-35) involving children with recurrent or refractory CD30-positive Hodgkin’s lymphoma or systemic anaplastic large cell lymphoma: rationale, design and methods of BV-HLALCL study: study protocol. BMC Cancer. 2018 Feb 1;18(1):122.
  6. Sekimizu M. Current issues concerning drug development for pediatric hematologic malignancies. Rinsho Ketsueki. 2016 Jun;57(6):693-700.
  7. Sekimizu M et al. Prognostic impact of cytogenetic abnormalities in children and adolescents with mature B-cell non-Hodgkin lymphoma: A report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group (JPLSG). Pediatr Blood Cancer. 2015 Jul;62(7):1294-6.
  8. Sekimizu M et al. Nilotinib monotherapy induced complete remission in pediatric Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia resistant to imatinib and dasatinib. Leuk Lymphoma. 2014 Jul;55(7):1652-3.
  9. Sekimizu M et al. Chromosome abnormalities in advanced stage T-cell lymphoblastic lymphoma of children and adolescents: a report from Japanese Paediatric Leukaemia/Lymphoma Study Group (JPLSG) and review of the literature.Br J Haematol. 2011 Sep;154(5):612-7.