末永 雅也(すえなが まさや)

 

所属

写真 末永 雅也

国立病院機構 名古屋医療センター
臨床研究センター 先端医療研究部 病因・診断研究室長
外科 医長

 

専門分野

肝胆膵外科

 

連絡先

〒460-0001
名古屋市中区三の丸4-1-1
国立病院機構名古屋医療センター
臨床研究センター
先端医療研究部 病因・診断研究室
電話:052-951-1111(代表)
FAX:052-951-0664
Eメール:suenaga.masaya.tk[at]mail.hosp.go.jp ([at]を@に変えたものがEメールです)

 

研究分野

肝胆膵外科の手術と周術期管理
膵癌をはじめとする消化器癌のバイオマーカー
消化器希少疾患の遺伝子学的検討

 

現在の研究テーマ

・膵癌腹膜播種のバイオマーカー開発
・消化器希少疾患の遺伝子学的検討

 

資格・専門医等

・外科専門医
・消化器外科専門医
・消化器外科指導医
・がん治療認定医
・肝臓専門医
・日本肝臓学会暫定指導医
・日本消化器病専門医
・日本膵臓学会認定指導医
・日本肝胆膵外科学会高度技能専門医

 

略歴

2015年1月~2017年3月:ジョンズホプキンス大学 病理学博士研究員
2017年4月~2018年9月:名古屋大学医学部附属病院 消化器外科二 病院助教
2018年10月~2019年6月:国立病院機構 名古屋医療センター 外科医師
2019年7月~現在:国立病院機構 名古屋医療センター 外科医長
2020年6月~現在:国立病院機構 名古屋医療センター 臨床研究センター 先端医療研究部 病因・診断研究室長(併任)

 

代表的な研究業績

  1. Suenaga M, et al.
    Peritoneal Lavage Tumor DNA as a Novel Biomarker for Predicting Peritoneal Recurrence in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. Ann Surg Oncol. 2021 Apr;28(4):2277-2286.
  2. Suenaga M, et al.
    Impact of Preoperative Occult-Bacterial Translocation on Surgical Site Infection in Patients Undergoing Pancreatoduodenectomy. J Am Coll Surg. 2021 Mar;232(3):298-306.
  3. Suenaga M, et al.
    Impact of Qualitative and Quantitative Biliary Contamination Status on the Incidence of Postoperative Infection Complications in Patients Undergoing Pancreatoduodenectomy. Ann Surg Oncol. 2021 Jan;28(1):560-569.
  4. Suenaga M, et al.
    Pancreatic juice mutation concentrations can help predict the grade of dysplasia in patients undergoing pancreatic surveillance. Clin Cancer Res. 2018 Jun 15;24(12):2963-2974.
  5. Shindo K, Yu J, Suenaga M, et al.
    Deleterious Germline Mutations in Patients With Apparently Sporadic Pancreatic Adenocarcinoma. J Clin Oncol. 2017 Oct 20;35(30):3382-3390.